上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ今年も押し迫ってまいりました!
受験生の皆さんはラストスパートですね。頑張って!

だけど闇雲に頑張るだけでは結果は出ないよ。

目標を達成するためには、個性にピッタリと合った講師が、その生徒に必要なことを適切に指導することが最も効果的。

「1対1指導」が一番いいと損切り先生は思ってます。

損切り先生が受験を経験して一番感じた事は個別に教えて欲しいということ。
自分で理解できていない事があるまま、授業が進んでいくと、勉強が理解できないばかりでなく、受験のテクニックすらも身につかない。
そんなことでは受験なんか成功するはずはありません。

損切り先生は小学校の算数からやり直しましたよ。
そこまですることで理解力は格段に違いますよ。
ぜひ、自分の理解できているところまで戻って勉強しなおして見てください。「急がば回れ」でいきましょう!

受験生の皆さんも効率よく勉強して、目標校を突破できるように頑張ってくださいね、影ながら応援してます。



だけどそんな「1対1指導」を採用してるところ、あるの?



ええ!あるんです!「東大螢雪会」です!



ここは、生徒の学力や学習進度に合わせたカリキュラムを生徒一人一人に対して作成するので、理解度を確認しながら授業してくれる。

いわゆる大手予備校などの画一化されたカリキュラムではないので、「1対1指導」によって、どんどん学力を伸ばしてください!





「東大螢雪会」の自慢は講師陣にもあらわれています。

東大生・東大院生・プロ講師から成る豊富な講師陣は自慢の布陣。
大学受験はもちろん、小学生から社会人までの多様なニーズに対応できるように指導の仕方にも工夫を凝らしているのでいいですよ。

特に、どうしても入りたい志望校がある方や、もう一度大学に入りたい社会人の方なども、ぜひ利用してくださいね。

あなたの行きたい大学はココではないですか?
もう一度トライしてみましょう~♪

スポンサーサイト

FC2blog テーマ:TV番組 - ジャンル:テレビ・ラジオ

【2006/12/26 22:51】 | おすすめ♪
トラックバック(0) |
だけどどんな投資をしたらいいか分らない・・・。
そんな方にお奨めのファンドが登場しましたよ!

その名も「デキる男のちょいワル投資

ちょいワルだからって怪しいものではございません、ご安心を。

このファンドは投資先をラブホテルにしてるんです。


実は・・・ラブホテルって投資向きなんです。 意外でしょ?


ラブホテルの業態は、ナント江戸時代から続く日本独自の産業。
現在の市場規模は驚く事なかれ! 

2兆円!です。




少し前の映画ですが「マルサの女」という脱税を摘発する映画があったのを覚えてますか?
その劇中で対象になったのがラブホテルでした。
それだけ儲っているという裏づけでもあります。

なんと1日3回転が平均で最高で8回転することもあるんだそうです。



お金に敏感な外国人投資家らを中心に最近注目を集めているわけです。
ラブホテル営業に妙味がありますもんね。


このようなラブホテルの魅力にいち早く目をつけ、1口50万円で誰でも買えるようにファンド化した商品があるんです!ご存知ですか?

それがコチラ ↓
デキる男のちょいワル投資




休憩、宿泊しか無かったラブホテルに投資という新たな魅力を備えさせた画期的なファンドです。
期待に応え、年8.4%という高い利回りを実現してるというから驚きです。
しかも、安定したラブホテル事業への投資なので、株のような値動きもなく時間を割かずに 高配当が期待できるのも魅力ですね。




「ラブホテルがいつも満室だ」と気が付いていたアナタ!



ラブホテルに行ってるときでも、そんな視点を失ってないアナタに脱帽!

流石です!

せっかく気づいた事なんですから始めてみてはかがですか?


■2006年12月04日 「Livedoorニュース」
■2006年12月14日 「R25」
■2006年12月14日 「日刊ゲンダイ」
■2006年12月18日 テレビ東京「給与明細」
■2006年12月18日 「週間ダイヤモンド」
■2006年12月23日 「日刊スポーツ」

こんなにも特集されているラブホテルファンド。

忙しい人の資産運用術として注目されています!
これからの資産運用の柱となってきているファンドです。

興味のある方、是非資料請求してみてね♪

デキる男のちょいワル投資

FC2blog テーマ:資産運用について - ジャンル:株式・投資・マネー

【2006/12/26 21:43】 | 株式日記
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。