上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人間に寿命があるように、会社にも寿命がある。

そんなこと考えた事はありますか?

10nen.png


会社の寿命10年時代の生き方


いい大学に入り、いい会社に勤める。

入社したらガマンにガマンを重ねて、部長に昇進して、年収は1000万円。

そんな夢のような時代は終わったのだ・・・。

ビジネスプロデューサーである道幸武久(どうこうたけひさ)はこの著書に、そう書いています。



「年収300万円時代」「格差社会」といわれる昨今。

小泉内閣が終焉した今、この負の遺産をどう乗り切るかは自分次第ですよね。だけどどうやっていけば良いかは分らない・・・。




その処方箋を具体的に提案するのが、この本書です。

その他大勢のサラリーマンにならないためのこれからの5年間を指南してくれていますよ。



内容を目次から見てみてください。

◎「部長で年収1000万円」時代は終わった
◎「これだけあれば生きていける」金額をはじき出せ!
◎大学を出てからの「履歴書」を休日に書き上げる
◎年収が下がるのは、ほんとうにやりたいことを知るチャンス
◎上位20%の社員を優遇できない企業は淘汰される
◎ヘッドハンターとつきあうのが当たり前の時代になる
◎1000万円の貯め方を本気でシミュレーションする
◎世代別「会社の寿命10年時代」の生き残り方     などなど



サラリーマンから見ると自分の日常にないことが書いてませんか?
つまり、普通のサラリーマンなら、まず、考えないのですね。

だけど

やり手のサラリーマンになるには普通のことをしていてはダメな事は分りますよね?だけど実行はしない。

この本がきっとアナタを開眼させます。
その他大勢で終わらせないで下さい。

会社の寿命10年時代の生き方がここにあるのですから!

ぜひ利用して自分の道を探してください!



スポンサーサイト

FC2blog テーマ:紹介したい本 - ジャンル:本・雑誌

【2006/09/28 15:34】 | おすすめ♪
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。