上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語って聞くとスグに「苦手」って思っちゃいません?

日本人がヒアリングが苦手なのは何ででしょう?
答えは日本人が、「生の英語」を聞いた時間があまりにも少なすぎるから。
決して個人の能力や資質が悪いわけではないのです。
つまり外部的要因。

ということは・・・。

外部からの要因を好条件に変えたらいいんじゃない?


その通りです!それが損切り先生の英語の勉強法


英語ならアルク♪


やっぱり英語は勉強しないとね・・・
1年で1000時間英語を勉強。そんな事できますか?

英語独特の音やリズム、スピードを身体に覚え込ませるには、一定期間、集中して生の英語を聞くことが効果的。
その目安となる時間は、1000時間!


えっ!ソレは無理でしょう・・・


いえいえ!
この1000時間という目標は、あまり難しく考えなくても大丈夫。
ポイントは毎日の生活に取り入れること。

「英語に触れる時間」を、生活の一部にしてしまえばいいんですよ♪
これが長く効果的に学習を続けるコツですね。

しいていえば「ヒアリングマラソン」って感じかしら?

得意なものをつくるのは楽しく続ける。
これは勉強法の最大の秘訣ですよ!




だけどそんな時間無いよ・・・



そうですか?結構時間って空いてない?

サラリーマンなら通勤中
学生さんなら通学中
主婦の方なら家事しながら

手足は忙しいけど、耳の空いている時間は意外にあるでしょ?
そこに英語を取り入れていきましょうよ。

週末に洋画を楽しむ1000時間のうち
ウォーキングの最中1000時間のうち
好きな洋楽を聞いて1000時間のうち
こう考えると、時間はつくれると思いませんか?

英語が苦手な方もそうでない方も!

本物の英語を身につけるチャンスですよ♪
「ヒアリングマラソン」でいっちゃいましょう!

英語ならアルクですよ♪
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:外国語学習 - ジャンル:学校・教育

【2006/10/27 18:50】 | おすすめ♪
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。