上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の北京五輪、2010年の上海万博を控えた中国は株価も凄い事になっていてうらやましい限りです。

損切り先生も中国にたまに行くのですが相手も「中国で株を買った方が絶対いいよ!」なんて熱く語ってきますからねぇ。

次なる投資の舞台として注目を浴びてるのがわかります、中国投資

だけど中国にいって思うのはカレーライスの専門店が少ないという事。

いつも中華料理に飽きてきたら「カレーが食べたい」ってなるんだよね。
だけどカレーのお店があまり無いから中国でカレーのフランチャイズやったらいいと思いません?

損切り先生の会社でも「輸入だけでなく、中国国内の消費を狙う」といった戦略が立てられるほど、あの人口は魅力です。

なんせ日本の10倍近くいるわけですからね。全員がカレーを食べだしたら凄い事になるもんね。マグロみたくなるかもしれませんね♪

ネットで調べてみたらバルチックカレーが中国進出目指してるみたいなので「共同FCオーナー」の資料請求してみようかしら?

株式投資だけでなく、こういう形の中国投資もありですよね!
期待がふくらむ損切り先生です♪






スポンサーサイト

FC2blog テーマ:資産運用 - ジャンル:株式・投資・マネー

【2006/12/25 00:40】 | 株式日記
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。