上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008年の北京五輪からみで最近は中国が注目を浴びてますね。
航空会社のCMも中国旅行のものも大分増えてます。
キャスターや卓球選手が中国語しゃべってるシーン、見覚えあるでしょ?

損切り先生も仕事でよく中国に行くんです。
損切り先生は中国語がしゃべれないので、いつも通訳を雇ってるんですが、人間の「耳」ってすごいよね。
だんだんと言ってる内容が、少しずつですがわかってくるんです。
中国語を聞いてるだけで内容がわかるっていいなぁって、思ってたら



「聞き流すだけで中国語を習得できる」画期的な学習法、発見です!

それは スピードラーニング中国語 です。


音楽を聞く感覚で心地よく聞き続けているうちに、中国語が脳に蓄積され、ある日突然中国語が飛び出す瞬間がやってくるそうです。

ここは聞き流すだけの英会話教材『スピードラーニング』を17年以上販売してきた所なので、その効果は知られてますもんね。

損切り先生が実感して言えるのは、こういう事はホントにあるって事。
中国に長く滞在してると通訳の人が「食事です」っていってくれる言葉なんかは日常的に覚えちゃうじゃないですか?

そのうちに「食事」というより中国語の「チーファン」って出ちゃうの。
口が、「食事」というより「チーファン」って言うのね、ホントに。
だから、耳から入ってくる中国語を脳が覚えちゃうってのに説得力を感じましたねぇ、私的に。


きっとこうやって中国語がうまくなっていくんでしょうね。



このスピードラーニング中国語も中国語の後に日本語訳を録音してあるらしいので脳にはいいですね!
聞こえてくる中国語の意味を理解しながら聞けることがポイントです。


意味の分からない中国語だけを聞いていては、苦痛になけど、これなら辞書やテキストを持ち歩かなくても内容がわかるから、中国語の練習が自然にできちゃいますね。


日本にいながら中国にいる体験ができるって感じです。
きっと今までの教材に比べても、段違いにいいですね。
本来の語学の学習方法ですもんね、耳で聞いてしゃべるっていうのは。
テキストだけで文法おぼえてもダメですよ。
やっぱり実技が一番です♪


損切り先生も早速スピードラーニング中国語 やっちゃいます!


スポンサーサイト

FC2blog テーマ:お仕事 - ジャンル:就職・お仕事

【2007/03/04 12:41】 | おすすめ♪
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。