上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆さんは 「クジラ」といえば何を思い浮かべます?

ホエールウォッチング?世界最大のほ乳動物?捕鯨

結構いろんな事で関わってるようで、よく知らない「クジラ」
そんな「クジラ」について掘り下げてくれる動画を発見です。

「校長先生とクジラ」




この「校長先生とクジラ」を見てみるといろんな事を考えます。

今でこそ食材であふれている日本。
自給率は高くないにもかかわらず世界から食材をかき集めています。

しかしそんな日本にも食糧難時代がありました。
そう、戦争直後です。特に良質なタンパク源が不足していたこの時代。
捕鯨をしてクジラの肉を食べていた時代です。

この頃は海洋資源に頼る事でタンパク質を補給していた日本。
ずいぶん多くのクジラを捕獲して食べていたようです。
命をつなぐためにしていた捕鯨

このクジラの犠牲が今の日本を支えてくれているのかもしれません・・・。

その恩恵を受けて現代に生きる私たちは、クジラに対する感謝の気持ちを抱き、共存できる道を探っていくべきではないでしょうか?

この動画を見るとクジラへの思い、確かに伝わってきます。
今現在、食料が豊富にあるのですから、ココは共存の道が最善ではないでしょうか?あえてクジラでタンパク質をとる必要はあるのでしょうか?
皆さんも動画を見て考えてみてください。
きっとクジラへの思いが変わるはずですよ・・・。



ストーリー

とある海の見える学校。廊下ではしゃぐ子供たちとは対象的な年老いた校長先生。

幼いころ描いたクジラの絵を見ながら、物想いにふけっていると、過去の記憶がフラッシュバックする。

ちょうどその時、海の向こうに見えたものは・・・。






このクジラ、そして広大な海、美しい地球をどのように残していけばいいのかを一緒に考えてみませんか?
クジラを通して地球規模の見方ができる人になりたい私です・・・。


「※BloMotion・キャンペーン参加記事」
スポンサーサイト

FC2blog テーマ:いま想うこと - ジャンル:日記

【2007/05/22 21:30】 | おすすめ♪
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。